意外と知らない美肌になる洗顔法

健康・美容

意外と知らない美肌になる洗顔法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

洗顔は顔の汚れを落としてあげること
が基本ですが、洗顔を念入りし過ぎてしまう
のは肌トラブルの原因になります。
洗顔料でゴシゴシしてしまうと
肌のバリア機能まで痛めてしまいます。

保湿すればいいんでしょ。
なんて軽く考えてしまいがちですが
バリア機能は回復するまでに数日かかるので
その間は肌が危険にさらされている状態
になります。
美肌は洗顔から作られると言っても
言い過ぎではないくらい重要です。
皆さんが知っているようで知らない
美肌を作る洗顔法を紹介します。

洗顔の回数は?

洗顔は朝晩の2回が基本です。
何回も洗顔する人がいますが、
それはNGです。
汚れ以外のものまで落としてしまいますから
絶対にいけません。
そして、朝起きてすぐの洗顔は
洗顔料や石鹸は使わないこと。
人の肌には自浄作用があるので
汗やホコリは、ぬるま湯で洗顔すれば
十分なのです。
それも短時間でサッと表面の汚れを落せば
それでOKです。
洗いすぎを防ぐことで肌のターンオーバーを
正常にするのです。
シミ、しわの予防になりますよ。

夜の洗顔は何でする?

夜の洗顔は、まずメイクをきちん
と落として下さい。
アイメイクは専用リムーバーでしっかりと
落してその他はクレンジングフォーム
やクリームでメイクをしっかりと落とします。
次は洗顔です。
ほとんどの人が洗顔フォームを使っていると思いますが
洗顔フォームは洗浄作用が強いので
余分な皮脂以外にも肌に必要な皮脂まで
洗い流してしまうのでおすすめできません。
皮膚科の先生は昔ながらの石鹸がいちばん良い
と言います。
牛乳石鹸がおすすめです。
余計な成分が入っていないので肌のバリア機能を
保ちつつ汚れだけを除去してくれるとのことです。
確かに昔は石鹸で顔洗ってましたよね。
それに昔の人の方が肌もキレイですものね。
石鹸で顔を洗うとつっぱると言う方がいますが、
それは大きな勘違い。
水分のあるうちに保湿をしてあげてない
からなのです。
美肌を目指すのであれば皮膚の構造を
しっかりと熟知した医師からの方法を
実行するのがいちばんですよ。

正しい洗顔方法

1.まずは手を洗う

まず手を清潔にすること。


2.石鹸を良く泡立てる

石鹸を泡立てネットを使ってキメ細かい泡を作ります。
弾力のあるフカフカの泡ができたら完成です。


3.泡で汚れを吸着する

泡ができたら顔にそっと付けて
泡を指でくるくると回します。
この時、絶対に顔に指が触れないこと。
指が触れると摩擦で肌に負担がかかるので
要注意です。


4.ぬるま湯で最低20回以上すすぐ

石鹸をぬるま湯で10回程すすいで下さい。
肌に石鹸が残っていなければOK。
この時も指は顔に触れないこと。

お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。


5.きれいなタオルで顔を押さえる

すすいだあとは、きれいなタオルで顔の水分を
を押さえるように取ってあげます。
顔は拭いてはいけません。


6.洗顔後はすぐに保湿

洗顔後の肌から水分が少し残っている状態で
すぐに保湿します。
化粧水などいりません。
すぐに保湿クリームでOKです。

石鹸泡立ての基本

劇的洗顔法?

牛乳石けん 赤箱と青箱の違い

洗顔は泡が命!

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!